./I0000015

開店・開業祝いでお花を贈るときにちょっと気をつけたい知っておくと役に立つ注意点をまとめてみました。
せっかくお祝いの気持ちを込めて贈っても、相手先に迷惑をかけたり、不快にさせてしまうことがないように相場やお花の選び方、贈る時のマナーなどをご紹介します。開店・開業祝いのお花を選ぶ前に是非チェックしてみてください。

  • お花の相場!

    開店・開業祝いでお花を贈るときの世間的な相場が幾らか知りたいと思う方も多いのではないでしょうか?
    身内や取引先への開業祝いの予算は1万円~5万円前後が多く、知人や友人への場合は5千円~1万5千円の価格帯が多い傾向にあります。
    花が長持ちする胡蝶蘭やお手入れがしやすい観葉植物の鉢植え、飾る手間が省けるアレンジメントなどが重宝されます。


  • お花のサイズ!

    開店・開業祝いのお花を贈る際は、店外に置くか店内に置くのかなど置く場所も考慮して贈るお花のサイズを選ぶのもちょっとした心遣いです。サイズは小ぶりでも十分楽しめるミディ胡蝶蘭や華やかなアレンジメントもおすすめです。
    置く場所が気になるようにでしたら、お相手に迷惑をかけないよう事前に確認するのも良いでしょう。また、開店・開業日は忙しいので比較的余裕がある時間帯を確認してお届けするのも嬉しい心遣いです。


  • お花の色!

    開店・開業祝いのお花の種類は、菊などの仏事で用いるもの、火を連想させるような真っ赤や赤一色のものなど、縁起の悪いものは避けた方が良いでしょう。
    色に関しては、お店のイメージカラーやコーポレートカラーを入れたアレンジメントを贈ることで贈り主の特別な気持ちが伝わる贈り物となります。赤がコーポレートカラーの場合は、赤一色にならないようにアレンジメントすると無難です。


  • お花の花言葉!

    開店・開業祝いの定番 胡蝶蘭は「幸運が飛んでくる」という花言葉を持っていることも人気の理由ですが、例えば観葉植物のフィカス・ウンベラータは「永久の幸せ」という花言葉を持っているように観葉植物にもお祝いにぴったりの花言葉をもつ植物がたくさんあります。
    開店・開業祝いにふさわしい花言葉をもつお花を選んでお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。縁起の悪い花言葉を持つお花もあるのでちょっと注意して贈るのも大切な心遣いです。


  • お花の香りや花粉!

    開店・開業祝いでお花を選ぶ際は、相手先の業種にも気を配りましょう。飲食店やアパレル、病院などの場合は、ユリなどの香りが強いものや花粉が飛び散るものは避けた方が良いでしょう。
    どうしても花粉があるお花を入れたい場合は、花粉を取ってからアレンジメントしてもらうようお花屋さんに相談してみましょう。ちょっとした気遣いが、大切な方へのお花贈りをもっと素敵にしてくれることでしょう。


    次へ

このまとめ記事に関連するタグ

関連するまとめ記事

新着まとめ記事

キュレーター紹介

花秘書編集部